January 8, 2019

自身で作ったマジックのバリエーションをなんらかの形で販売したいなぁと思っていたのですが、ふと「noteで出しちゃえばいいんじゃない?」と思い立ったので、note上で試しに一つ販売開始してみました。

【noteで手品解説するメリット】

■動画が複数掲載出来る。

noteの場合、一記事内で「ここから先を読むのは有料」といった形で本文を隠す事が出来ます。ですので、無料部分には演技動画を載せて、有料部分で解説動画を載せる、といった使い方が可能です。動画はyoutubeが直接載せられるので、youtubeの限定公開動画を使ってしまえば一記事内で演技...

January 6, 2019

アルリーチ氏のフリップ・フロップ・フループです。 観客の選んだカードと、演者の選んだカードが入れ替わります。

なんとなく、サロンネタは顔出し、クロースアップネタは手元アップで撮影していたのですが、クロースアップネタでも顔出ししてみようかな、と思いやってみています。動画では言葉も文字も使ってないので若干現象がわかりにくいかもしれません。セリフ有りだと非常に分かりやすく、良いマジックです。

原案ではスイッチの手法はマルティプルシフトですが、今回はグライドを用いました。マルティプルシフトを使用した原案は、カードの入れ替わり部分が良い意味だとス...

December 14, 2018

喋り無し、動画だとなかなか良さを伝えづらいのですが、実践的なコインの作品です。昨今、動画映えするコインマジックが増えていますが、難易度、角度、現象の伝わりやすさなどを考慮すると、実際に演じる場合はなかなかハードルが高い作品も多いです。

ジェームズ・F・ハービックのコインの消失と再現は、それこそターベルコースの第一巻に掲載されているくらいなので基本的な作品に思えますが(ターベルコースの入手が難しくなっている現在ではこうした物言いもしづらくはなっていますが・・・)、実際はかなり練られた高度な手順であると感じています。

とかく、手先の技術に傾...

December 7, 2018

マーローのスマグ・デパーチャーです。日本語訳はカードマジック入門辞典に掲載されています。

アレックス・エルムズレイの歴史的傑作「ポイント・オブ・デパーチャー」の現象をそのままに、手法を優しく、という事で作られた作品です。この作品で使われる「「ブロークンナップ・ビドル」は大変に優秀なテクニックだと思うのですが、その割にスマグ・デパーチャーがあまり演じられない(と認識しています)理由は、やはり原案手順の不必要に見えるパケットの持ち替えが原因ではと思います。

今回はその不必要な持ち替えをやめ、カードをサンドウィッチした後で、確認の為にブローク...

November 10, 2018

昨年末から始めたマジック教室ですが、22回目を終えました。

来月でようやく一年。2週間に一度4つの講習ネタを用意して教える、というスタイルが果たして継続出来るものだろうか、という実験的な取り組みでもあったのですが、なんとかやってこれました。

ひとえに来てくださる皆様のおかげです。

来年からはコマ数も増やそうかな、などと計画しております。

開催回数が増えれば、ご都合も付けやすいかな、と思いますので皆様引き続きよろしくお願いします。

さて、せっかくなのでマジックを披露する場も作ってみよう、との事で来月に練習披露会を企画しています。こちら、僕の講習...

October 29, 2018

昨年からマジック教室を始めました。月に二回、毎月第2、第4土曜日に行っています。

お試しで一回だけ来られる方もいますが、お蔭様で少しずつ定期のメンバーも増えてきています。

​せっかく定期的にマジックを習いに来てくださっているメンバーがいるのなら、実際に人前で演技を披露する場を作ろう、と思い小さな発表会を開く事にしました。

観覧は無料ですので、ぜひ皆様お越しいただければ幸いです。トザキマジックスクールに興味はあるけど、いきなりマジック教室に参加するのは・・・と思っていた方も、この機会に発表会をご覧いただくと、雰囲気がわかるかと思います。

席...

August 28, 2018

少し先の話ですが、11月7日にプロマジシャンのTSUKASAさんが主催されている「六本木マジックサロン」にゲスト出演します。

六本木マジックサロン は毎回一名ゲストマジシャンを呼び、ゆっくりとマジックを鑑賞出来るイベントです。ドリンクや軽食もついて、六本木でこのお値段。

開催は今回で33回目との事。つい先日33歳になった僕としては何やら運命的なものを感じます。まさかのゾロ目記念での出演。

TSUKASAさんとは年齢は離れていますが、もう長いお付き合いでして、当日は長い付き合いだからこそ出せる味わいでのコラボマジックなんかも企画しています。

...

June 8, 2018

さて、順調にブース出展数も伸びているマジックマーケット2018ですが、フライヤーが完成しました!

今回は僕が好きなモンスターデザイナーのLe Yamamuraさん(tumbler/twitter)にデザインをお願いしました。お忙しい所、無理を言って製作していただきました。

めちゃくちゃ美しいデザインで製作していただき、大変にありがたいと共に、若干の不安もあります・・・・このフライヤーを見て実際に会場に来てみたら、トランプを片手にした猛者達の熱き社交場みたいな感じだものね・・・全然フライヤーと違ってマジカル感ないのよね・・・・

この圧倒的な...

May 25, 2018

音楽に合わせて演じるステージマジックの手順を作ろう、と思うと「シルク」は避けては通れない素材です。小さくたためて大きく広げられる、という利点、簡単に華やかさを出す事が出来るという、他の素材ではなかなか替えがきかない道具です。

手品の上手い下手というのはシルクの扱い方に出る、とおっしゃるベテランマジシャンは多いです。実際僕も、ショーやコンテストを見ていて、シルクの扱いがちょっと上手いだけで、「お、こいつはなかなかやりそうだ」という印象を持つ事が少なくありません。

その割に、シルクをきちんと扱える人、というのはそんなに多くないように思います...