マジックでみんなを喜ばせる

応募部門:演技部門
作: Uーsuke

「みんなをマジックで喜ばせる」

 これがマジックをやっていての目標です。僕は四年生の終わりからマジックを始めて今年で二年になります。ぼくは、月一回のマジックサークルに通っています。サークルの前に行われるプチコンが楽しみの一つです。名前の通り大勢の前でやる小さなコンテストです。プチコンは審査員の独断と偏見で優勝者が決まります。そのため、年齢や上手い下手に関係なく気軽に参加出来ます。このプチコンで優勝すると、マジックの道具などがもらえます。僕はプチコンを通して、演技する力が身につき緊張感や達成感が味わえました。そしてお客さんから拍手をもらい、僕はとてもうれしかったです。

 しかし、自分がうれしい、それで終わってはいけない。お客さんに喜んでもらってこそのマジックだと僕は思います。僕はマジックにおいて、ただ不思議なだけでお客さんがつまらなくてはいけない、という考え方を大切にしています。

 チャレンジャーズライブというマジックのコンテストがあります。僕も何度か出たことがあります。優勝しているマジシャンのマジックは、お客さんの視線や場の雰囲気を大事にしており、上手く場を盛り上げて笑顔にしています。僕はチャレンジャーズライブで優勝することも夢です。加えて、僕のマジックでみんなを笑顔にすることが出来たらそれ以上のことはありません。

 僕は目標としているマジシャンがいます。それは、緒川集人です。緒川集人さんのマジックは、マジックをしてない人から見ても素晴らしいですが、マジックをやって居る僕から見ても、裏をついてくるような素晴らしいマジックをするマジシャンです。僕も皆さんに披露してもタネが思いつかないようなマジック、緒川集人さんのようなマジックを、そして超えられるようなマジシャンになりたいです。

 このように、僕はまだまだ上手くなるために日々DVDやレクチャーなどを受けて学び、これからもっと成長していきます。行く行くは、お客さんみんなを笑顔にする、そんなマジシャンに僕はなりたいです。